2017年09月19日

9月19日は正岡子規の命日「糸瓜忌」です!

IMAG1092~4.jpg

子規記念博物館のへちまコンテスト作品展。松山市内の小学生が育てた糸瓜を毎年募集、展示しています。

みなさん、こんにちは。なんだかんだありまして愚陀仏庵の話が中断したままです。もし興味持ってくださっている方がいらしたら申し訳ないです。また書きます。

9月19日は正岡子規の命日「糸瓜忌」です。子規が亡くなったのは明治35(1902)年。20代で結核を患い、脊椎カリエスを併発し、晩年は寝たきりの生活を余儀なくされた子規はこの日、34歳と11カ月の人生の幕を閉じました。

スポンサーリンク










俳句、短歌etc…多彩な業績

でも、子規はその短い人生とは裏腹に膨大で多彩な仕事をしました。俳句や短歌の革新、写生文の提唱などなど。写生の概念を知ってからは、子供の時から愛してやまなかった草花や果物などを題材に絵も描きました。

書くこと、描くことが大好き、食べることも大好き。小さい頃は泣き虫だったのに、いつの間にか大将気質の自信家に成長して野球に熱中した子規。仲間と遊ぶこと、議論すること、共に創ること。耐えず人とのつながりを求め、それを大事にした子規。仕事の量が幅広く多すぎて、まだまだ勉強の途中ですが、私には彼の何もかもが面白く、愛おしく思えてしまいます。

とにかく子規は書きに書きました。おかげで私たちは彼の生涯を詳しく知ることができます。もしかしたら、これこそが子規が残してくれた一番の贈り物なのでは?なんて思ったこともあります。

自分の死を客観化

亡くなる5日前に高浜虚子に筆記させた「九月十四日の朝」という文章があります。容態が急変し、いよいよ死期が迫ったことを自覚しながら、自分や身の周りの様子を、これでもかというぐらいに冷静に客観的に綴っています。例えばこんな具合です。

虚子と共に須磨に居た朝の事を話ながら外を眺めて居る、たまに露でも落ちたかと思ふように、糸瓜の葉が一枚二枚だけひらひらと動く。その度に秋の涼しさは浸む様に思うて何ともいえぬよい心持ちであった。

この日は気分が良かったようで、納豆屋を応援したいから納豆を注文したなんてことも書いています。この期に及んでこういうことを思い、さらさらと書けることに驚かされます。全編、透明感にあふれた文章になっているので未読の方は一読されることをオススメします。

3日後、「病牀六尺」の最後の回となった9月17日付は芳菲山人の来書を掲載しただけになっています。芳菲山人は地質学者西松二郎の号。彼はよく狂歌を詠んだそうで、こんな一首が添えられています。

俳病の夢みるならんほとゝぎす拷問などに誰がかけたか

「俳病」は「肺病」にかけたもの。自身の無念の思いを代弁してくれた歌を載せずにいられなかったのでしょうか。

けれども、長い間「死」と向き合ってきた子規は最後の最後もやはり自分を客観化しようとしました。有名な絶筆三句は、その翌日18日に書かれたものです。

糸瓜咲て痰のつまりし仏かな
痰一斗糸瓜の水も間にあはず
をとゝひのへちまの水も取らざりき

「糸瓜咲て」などは、どこか自分を突き放してみているような感じがしますよね。主観的な感傷を排したところに子規らしさ、この句の面白さがあると思います。

だいたい辞世の句なんてものは、ロマンティックだったり、悲哀が漂っていたりすることが多いと思うのですが、子規はなぜこんなことができたのか。やはり、ずっと死と向き合い、書き続けたからでしょうか?明治34年の「死後」という文章では、「死」を研究していると書いています。子規は死を主観的に感じる場合と客観的に感じる場合があり、客観的の場合は「冷淡に自己の死といふ事を見るので、多少は果敢ない感もあるが、或時は寧ろ滑稽に落ちて独りほゝゑむやうな事もある」と説明し、実際に感じた例とした自分が棺に納められる様子を想像したことなどを挙げています。

病気を楽しむとも言った子規は、自分の死も「独りほゝゑむ」で見ることができたんですね。子規の人生は、その病状に目を向ければ悲惨。だけど、その生涯が明るさを感じさせるのは、本人のキャラクターだけでなく、こういう究極の自己客観化能力も大きいのではないでしょうか。

もしも絶筆三句が詠まれず、「拷問などに誰がかけたか」の歌を載せた「病牀六尺」の最終回が全作品の最後を飾るものになっていたら、子規の印象はいささか違ったものになっていたんじゃないかと思います。

最期の様子

さて、子規の最期の様子は高浜虚子の「子規居士と余」に詳しく書かれています。子規が亡くなったのは9月19日の午前0時~1時頃の間。虚子や妹律が別室で休んでいる時でした。枕辺にいたのは母の八重ら2人だけ。あまりに静かなので顔をのぞいてみると、すでに呼吸が止まっていたそうです。

師の死を知った虚子が河東碧梧桐や寒川鼠骨に知らせようと外に出ると、晴れ渡った大空の真ん中に旧暦十七夜の月が輝いていました。子規の霊が天に昇るのを感じた虚子は自然と俳句をつぶやいていたらしいです。

子規逝くや十七日の月明に

誰にも気づかれずに逝った子規。人が集まることが大好きだったのに。さぞ寂しかったでしょう。だけど100年以上経った今も人々に愛されているわけで、しかも生誕150年の今年は、文アル人気とあいまって空前のモテ期を迎えているのですから、本人はニヤニヤ照れているかもしれませんね。

かなり慌てて書きました。荒い文章になっているかもしれませんが、大目に見てください。ここまで書いておいてどうかと思うのですが、触れるか迷ったことがあります。詳しい方に指摘されるやもしれないのでやっぱり書きます。絶筆三句について、主治医が無粋な話を書き残しています。「糸瓜咲て」の句は、前年か前々年に作った句だと記憶していると。自分の胸にしまっておけばいいのに!仮にそれが事実なら、今回書いたことがおかしくなるのか。いやならない…と思いたい。

主な参考文献 講談社「子規全集」11、12、22巻、高浜虚子「回想 子規・漱石」(岩波文庫)

スポンサーリンク

posted by むう at 02:14| Comment(0) | 生誕150年その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

俳句・短歌ランキング
にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村